日記

スルーな日記  スルーするために

渋谷教室

実は、僕自身が坐骨神経もちだったので、この症状に対する手技には、人一倍熱意を傾け追求してきました。

20代半ば、重たい荷物をもち、狭い階段を降りたり上ったり。その最中に「バッチーン!」と腰部から大腿部までツッたように激痛が走り、それから3日間ほど仕事を休みました。

病院の診断は「坐骨神経痛」

“痛み”というのは二種類ありますね。ひとつが急性の痛み。もう一つが慢性の痛みです。痛みと無痛状態は背中合わせで痛みというものによって一瞬で日常生活が変わってしまいます。昨日まで何不自由なく健康的に生活が出来たのに、一瞬にしてそれがくずれていくことがあるのですね。

これは整体という業を職業にする前の出来事でした。いまになって思えば、それは必要があって起こったことだと思います。自分がその痛みを経験したことによって手技もカウンセリングも痛みを持っている人の立場に立てたと思います。

やはり、“人生”にはまったくもって、無駄というものは何一つ無いのですね。ただし、そこから“学ぼう”というマインドがあればの話です。僕は自分自身が「坐骨神経痛」となって、痛みの感じ、動態動作でどんな痛みが出るのか、日常生活にどの程度支障が出るのかといったことを整体院独立開業前に自分自身で体験(したくはなかったですが)できたことによって学べました。

カラダに対する自分で味わう痛みでなくとも、失恋や解雇や倒産、事故や喧嘩などなどいろんな、人生、どん底・・・・・・感覚というものがあります。

そんなとき、なんにもやりたくなくなります。

でも、それは必要があって、自分に何か教えようと思って起こっていることととらえて前向きに生きることもできますし、悲観してどんどん世間から離れて孤独の中、ひねくれて生きることも可能でしょう。

自分の人生の中で起こったことをどのように受け止めていくのか・・それは極限的にも完全に自由です。自由なのですが、自分の体調によって受け止め方というのは大きく変化します。ココロ・・・でなくカラダの“体調”です。

満腹で、毎日たっぷり睡眠をとっていて、どこも痛くなくて、いたって健康状態の時と、その反対に空腹絶頂で睡眠不足で体のあちこちが痛くて不健康状態のときの環境や人間関係でのストレスの受け取り方は大きく違います。

いざ、どん底のときの受け取り方は前者の方が良いに決まっていると思うので、まずは何よりたっぷりと睡眠をとって、空腹時間を無くし、自己管理を常日頃しておくことは本当に大切だと感じます。

そして、マインド的には常に自分を客観的に見る訓練をしていると乗り越えられるのかと思います。

子供のころ、自転車を乗るのにも訓練しました。

転びながら、何度も何度も訓練しました。

受験勉強だって一種の訓練でしょう?

なので、自分を客観的に見ていく訓練もきっと役に立つときが必ずありますし、スモールビジネスで成功するためにはすべて自己管理が土台となっていきます。

当たり前の、良く寝る、良く(自分に足りていないもの)食べる、軽く運動の継続を試みる・・・
この本当に当たり前のことがすべての受け取り方、感じ方も左右していくように感じる
今日この頃であります。

さて、早く寝よ。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA