日記

スルーな日記 2021年5月4日

ビル・ゲイツさんとメリンダ・ゲイツさん、離婚発表

ビル・ゲイツさんとメリンダ・ゲイツさん、
離婚発表 結婚27年

このニュースを観てすぐに思い出したのが2020年9月に発表された

アマゾンのベゾス夫妻の離婚です。慰謝料はなんと!!!過去最高の株式4兆円!!!

お金がある人はお金が無いと離婚できない。

米アマゾンCEO元妻は慰謝料で巨額財産を得て資産370億ドルの半分を寄付へ・・

という見出しにも驚きました。370億ドル・・・日本円にすると約4兆441億5,783万!!!

け、ケタが違いすぎますよね。半分寄付しても2兆220億円ほど。一体命尽きるまで何に使うのかぜひ聞いてみたいですね。

ゲイツ夫妻は結婚27年の本日の声明で、「もはやカップルとして一緒に成長できると、もう思えなくなった」と離婚の理由を説明したとのこと。

ツイッターでは、

「熟慮して、お互いの関係性について大いに努力した末、私たちは結婚を終わらせることにした」と書いた。

勿論、離婚は自由です。

三人のお子さんも育て上げて尚且つ世界中の人が健康的で生産的な人生を送れるようにするため世界中で働く財団をゲイツ夫妻は作り上げました。感染症対策や幼児の予防接種推進など、数々の人道支援活動に数十億ドルもの巨額を寄付してきたのは周知のとおり。

勿論、離婚は自由ですが、つっこんきで聴きたいと思うのは、「なぜカップルとして一緒に成長できると思えなくなったのか?」ということです。27年一緒に連れ添い三人のお子さんにも恵まれ、巨額な富も得て、そして気づけば一緒に成長できない・・・???。。

成長のベクトルがズレたのか、お互いの成長速度が違い過ぎてしまったのか、お互いの関係性について大いに努力した結果、もう終わりにしよう、、ということですがお互いの主義主張生き方のほんの少し・・・プチ妥協ができなかったのでしょうね。

勿論、離婚は自由なのでこれからお二人の新たな人生に祝福あれ!!!です。
普段マイクロソフトの恩恵は少なからず受けていますのでやはり気になる出来事だったのです。

夫婦もカップルも元は赤の他人です。

ズレの修正はとてもめんどくさいもの。しかし、このめんどくさいことから逃げていくとますますめんどくさくなって、理解し合えないまま、お互い冷え切ってしまい歩んでいくか、もしくは離婚しかないと思います。

めんどくさいことに時間を割き、めんどくさい話し合いをして、少しでも寄り添う気持ちを手放さずに何とか理解しようとすること・・・そして実際に理解するまで時間を割くという覚悟。
それが“愛の技術”であるとエーリッヒフロムの著書「愛するということ」から読み取れます。

勿論、素晴らしい業績を世界的に残したご夫婦!!!この めんどくさい努力を長年してきたうえでの離婚だと僕は勝手に思っています。

一人の人と共に歩んでいくということはめんどくさいことから逃げない覚悟が大事

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA