日記

スルーな日記 2021年5月30日

独立起業

独立開業するなら今がチャンスだ!!!

通勤途中に商店街がありますが結構好きだったパン屋さんが閉店していました。数日してまた商店街の途中にある鍼灸マッサージのお店が閉店していました。すると今度はクリーニング屋さんだったところがパン屋さんに変わったり、居酒屋だったところが美容院に変わったり、最近特に移り変わりが激しくなった感覚があります。年度末を過ぎてもうすぐ2か月目なのでそろそろこのコロナ禍の影響で息切れ感が街中に伝わってきた感覚です。コロナ禍の傷は深く、時間の経過とともに広がっていくのを目の当たりにしています。

時代は大きく変化し、今までのビジネスの在り方も大きく変化せざるを得ない状況の中、いやおうなしに自分自身の「生き方」自体も大きく変わっていかなければならなくなりました。

特にアナログの代表である<施術業>は無くならない職業だと思いますが、どうしても“人”相手の仕事なので人一倍気を使います。ただ、現在の状況をゆっくりと見渡せば、整体院や接骨院、各サロンがそのまま居抜きで「テナント募集」と張り紙で貸し出しに出ていることもありますので物件的に言えばチャンスではないかなぁと思いました。もちろんこういう状況ですので家賃交渉も十分に可能ですし。

そしてちょうどいてもたってもいられないと言う方々が少しずつ表に出て商店街や路面店にも多くの人たちが出入りするようになった昨今、新しく開店するお店には何となく吹っ切れて開店をスタートしたような力強さと勢いがある気がします。

今この状況になる前提で準備し、緻密な計画をたてて実行してきた独立起業形態においても
「コロナには絶対に負けないぞ!!!」なんていう“氣”の勢いがある人たちは強いですね。

行くとこまで行ったらあとは上がるしかないですし。

十分に準備をしたならば、大丈夫!!!この先、一生この状況は続きません。また変化していきます。
人間のカラダもココロもそんなに軟じゃない!!!いずれはこのコロナも必ず沈静化し、落ち着くはずですのでその時を見計らって準備した個人、及び会社は強いです。初月から順調なスタートが切れるものと思っています。


国の家賃半額支給や助成金を使えたり、特別融資制度を考えたならば今この真っ只中、すでに一歩踏み出す準備ができているのであれば、リアル店舗の出店!!!独立開業は得策でないかなーと思いました。


特に施術系独立においてのノウハウを少し書きますね。

その秘訣ですがオープンの日付から1~2ヶ月位前に借りてゆっくり少しずつ確実に準備を進めていくこと。
今回は路面店舗ヴァージョンです。マンション一室開業パターンに関してはまた次の機会に書きます。

ホームページの制作、チラシの制作、名刺からご来院カードそして看板カット文字等々。。オープンのときにはやることがたくさんあります。


そこで重要なのは・・・・
院・サロンの中で準備をしながらドアを開けて中の準備プロセスを見せることです。


表玄関やガラスなどには、「何月何日から正式オープン」などという貼り紙を貼り、
準備している姿を通りがかりの人たちに見せていくプロセスが大事です。


玄関に出たり入ったりしながら準備をしている最中に・・・
通りかかった目と目があったすべての方に手配りで
「 「近いうちオープンしますのでよろしくお願いします!!!」と言って渡していくのです。

これがボクシングのボディブローのようにあとになってからジワジワと効いていくのです。
何といっても準備に1か月かけているのですから、
ゆっくり時間をかけて準備&初客導入宣伝を同時にやっていくのです。


この準備期間のプロセスを一般の方に見せていくと言う事とその最中にはじめての方への初客導入キャッチを同時にやっていく期間がオープンの日に人が来て下さるようなパワースポットへ変わっていくのです。


ホント!!! 今がチャンスです!!!

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA