日記

スルーな日記 「怒り」という感情

吉田イラスト怒り

「怒り」を90秒でスルー


精神科医ゆうきゆう先生のこんな記事がありました。
「例えば怒りという感情がわき起こったとしてもその気持ちは90秒も経てばなくなるはずなのです。」

ゆうきゆう自分を動かす技術



90秒・・・これは整体術オステオパシーのストレイン・カウンター・ストレインというテクニックで頻繁に出てくる秒数なのでつい敏感に反応してしまいました。

「怒り」というものは大変厄介な感情で、なおかつとても強力な感情であります。職場でもプライベートでも通勤時でもこの強烈な「怒り」という感情はところかまわず顔をだし自らの平常心を乱れさせようと狙っています。全て自分自身の決断力で左右する独立起業においては特にこの「怒り」という感情のコントロールは必須だと断言します。
スリランカの僧侶であるアルボムッレ・スマナサーラ長老はブッダの言葉をわかりやすく伝えている方ですが、著書「怒らないこと」という書籍は目から鱗の本でした。

怒らないこと

書籍の紹介文にはこのように書いてあります。


昨今では、怒って当たり前、ややもすると怒らないと不甲斐ないとでも言わんばかりです。ブッダは、これに真っ向から反対します。怒ってよい理由などない。怒りは理不尽だ。怒る人は弱者だ。怒らない人にこそ智慧がある。怒らない人は幸せを得る。人類史上もっとも賢明な人は、なぜ怒りを全面否定したのでしょうか。最初期の仏教であるテーラワーダ仏教の長老が、その真意を平明に解き明かします。

「怒らないこと」アルボムッレ・スマナサーラ著

とあり、具体的には怒ったら「私は今怒っている」「私は今怒っている」・・・・と自分を客観視しながら心の中で「私は今怒っている」と繰り返すことだといいます。

実際にやってみれば分かりますがこれを繰り返すと自然と「怒り」という感情が時間と共に沈静化していきます。
真っ赤に燃え上がる炎がジョウロの水でゆっくりと消え去っていくような感じです。
自らこれを知ってイメージしておくことが重要なのかもしれませんが。

今回のこのゆうき先生の“具体的に90秒”の根拠は・・・・


ハーバード大学の神経解剖学者テイラー博士によると…人間の感情を引き起こす化学物質は…90秒で全て洗い流される。例えば(怒)と言う感情がわき起こったとしても…その気持ちは「90秒も経てばなくなる」起こったときに90秒で冷静に戻れますか?
無理
何分も何時間も怒っている人の方が多いような…?
実は彼らは…
「気持ちが収まらなくて怒っている」のではなく…自分自身で「怒り続けることを選んでいる」のです!


とありました。

怒りを90秒で洗い流す!!!

良いですね〜この90秒にアルボムッレ・スマナサーラ長老の「怒りの客観視&言葉の反復」を
合体させれば更に使えます。


感情に任せた事は、後悔することが多いもの。特に怒りは人間関係にヒビを入れ、また自分の心身にも悪影響を及ぼします。上手にコントロールしたいですね。

ぜひこの新しいテクニックを使ってみてくださいませ。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA