日記

スルーな日記 2021年4月23日

睡眠子供

身体の健康は意識から

健康を提供している仕事上、自分自身が健康であることは至極当たり前のこととよく思われます。気づけば病気からも慢性的な痛みからもほぼ縁も無く過ごしてきました。施術と施術指導の人生の中でこのように快適な日々を過ごせているということはとても有難い話ですし、日々感謝しています。
勿論、自分なりに努力はしていますし、健康最先端情報はアンテナを張らなくとも入ってきます。

睡眠も運動も食事も大切だ、なんてことはちょっとググれば洪水のように情報がなだれ込んできますよね。しかし、ほぼ合理的に上手にまとめられている情報しか入ってこないですし、慢性的な不調を訴える人が後を絶ちません。なぜならば“意識”を捕えていないからなのではないかと思うからです。肉を食べていても、ショートスリーパーでも、小麦をたっぷりとっていても、糖質大好きでもいたって健康を豪語し毎日楽しく過ごしている人もいれば、ヴィーガンで、一日二食で、ジムに通って、睡眠も十分に取っている人でさえも不調を訴えている人もいます。
そして、このような睡眠・運動・食事に関してはひとりひとり体質や気質、そして遺伝子も違うので一概には何もいえません。

なのですこし違った視点で“健康・快適・予防・未病”を語らせてもらうとすれば
何より“意識”がとても大切だと感じます。自分自身への「意識への傾聴」です。

子供のころから順を追って自分の身体の変化を見てみてください。20歳、30歳、40歳とかなり様相は変化して50歳、60歳ともなればますます変化変性します。しかし、心はどうでしょう?勿論経験値はグン!!!と上がって知識もドンドンついていきますが根本的な習性自体は大きく変化していますか?
身体の成長と変化に比べればそんなに大きく変わっていないのではないでしょうか?

この心の成長、変化、変性にもっともっと興味関心を持っていくことがなにより大切なことだと思うのです。僕の勝手な見解ですが大きな意識と繋がっているのが心だと感じます。その心に伴って身体が連動しているのだとすれば、物理的、唯物的、肉体的に大きな影響を与え続けるのではないでしょうか。その心の整理整頓で一番重要なのが夜、就寝前のマインドの状態です。それが意識へ大きく作用するので眠る前に「不安」「怒り」「猜疑心」「恐れ」「否定的感情」を一旦Deleteして寝るように心がけてみてください。朝、無意識のうちに夜就寝前の想念を引継ぎしてしまうので最重要POINTだと感じるのです。

大きく深呼吸して、安らかに嬉しく幸せに包まれながら・・・
毎日眠りにつく習慣がなによりBodyにとって大切な日々の習慣だと思います。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA