仕事

テレパシック感性

テレパシック感性

整体・・・というのはとてもシンプルで素晴らしい仕事。
手技一本で人の役に立ち、言葉ひとつで繋がれる。

触覚を通して対話も兼ねればコミュニケーションも円滑になり、
そしてカラダもココロも急激に癒されてとても感謝される、素晴らしい仕事だ。

施術ベッドにうつ伏せになって、触診から筋膜や関節にアプローチしていくのだが、
「人に触れる」ということはこの上なく信頼関係が築けるものだ。
押されて気持ちよければ、
なんでも素直に話したくなるのではないかと勝手に思っている。

この素直な表現の意思疎通がカラダの健康にはすごく大事なこと。

だから、こんな素晴らしい仕事をたくさんの人たちに味わってもらいたい一心で
整体の学院を立ち上げた。

一緒に笑うことができるって素晴らしいこと。
自分だけ笑って患者さんが笑わない状態もあるけどね。

一緒に考え合うって素晴らしいこと。
自分だけがいつも考えているけどね。

一緒に泣く!?!?これはない。

とにもかくにもともに波長の同調は手技の前の大切な技術。
これを共鳴カウンセリングと呼んでます。

聞いて答えてくれた内容を全力でイメージし、さも体験している様に感じながら
対話を重ねていく。

相手の状態が自分の状態に感じられる感覚。
あなたと私・・・・・でなく私と私の感覚。

この、感覚を一人の方でも多く理解していただき、開業してもらうことを常に
望んでいます。
この感覚が患者さん・クライアントの要望に応える術だと感じます。

なぜならばこのテレパシックな感覚は医療の未来を変革する・・
ような気がしてなりません。
自分が摂取しなければならないもの、自分はどんな運動をすれば良いのか、
全触覚で感じようとし、意識の声を聞こうとしてみること・・。
以外とどんな検査よりも正確に自分の触覚は自分のカラダを捉えられるんじゃないか、
と思っています。

テレパシック感性

「動くまでのスピードも大事だが、 高速になればなるほど遅くなるものもある。」
例えばこんな感覚で施術をしてみると面白い。

頭の中は超高速で回転していても表現はゆったりしている感覚・・・。
扇風機が高速で回転しているとゆっくり回って(逆に?)見えるようなことありませんか?

車のホイールや扇風機の羽の部分など、物が高速回転する時、回転し始めて数秒すると、
ゆっくりとしかも逆に回転しているように見える、あの感覚です。

“ストロボ効果”とか“エイリアス現象”と言われているそうですが、エイリアス感覚とでも
言いましょうか、その感覚を持っての施術が必要な時代です。

物凄い勢いで想念が飛び交っている状態でも自分を失わないで相手の周波数を
読み取っていく感覚。

周波数施療・・・・これが美手【Vitsyu】ヴィッシュ整体です(笑)

自分も家族も健康になるために。
家族の知り合いも、親戚も健康であるために。
地域も・・・・日本も・・・・・世界も・・健康であるために。

笑いながら、楽しく過ごせる毎日を子供たちが過ごせるように
大人も子供を見習ってワクワクできる毎日を過ごせるために。

楽しく没入できるために、
この感覚がいま、求められているのではないかなぁ。

大切なご縁とともに、
よき感覚を。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA