家族

コミュニケーションをとる・・・!?

コミュニケーションをとる・・・!?

コミュニケーション・・・・・。

辞書には、気持ち・意見などを、言葉を通じて相手に伝えること。通じ合い。
と書いてあった。
Wikipediaには、社会生活を営む人間の間で行われる知覚・感情・思考の伝達。(生物学)
動物個体間での、身振りや音声、匂い等による情報の伝達。などと書いてある。

僕は、人と人とがコミュニケーションをとることはできないと思っている。
自分の内奥の気持ち・知覚・感情・思考すらよく理解できていないのに、
他人の内奥を理解する、なんてできっこない。

「あなたの気持ちわかるぅ~」なんてのは嘘っぱち(笑)
自分の勝手な解釈でそれはわかったつもりだよってこと。

その証拠に最も身近な人と、あなたはコミュニケーションがしっかりとれていますか?
実は「大体・・・・わかっているつもり。」ではないでしょうか?(笑)

これで良いと思う。

そのファジーな感覚で予想しあって関係性を作っていければそれでいい。
相手のことを理解しわかっているつもりにでもなっていたとしたら、その期待が外れると
怒りとなるから厄介だ。他人のことはわからない。
それで良い。

「世界」は自分の思い通りには変えられない。そして、
「他人」も自分の思い通りには変えられない。

なので人と上手にコミュニケーションをとろう!なんてことは思わない方がいい。

伝えたいことを伝え、どう受け取るのかはすべてその本人の完全なる自由だ。

これでわかってくれたとか、理解してくれたとか、勝手な妄想は削除。
ただ、もう伝えたよ。あとはあなたがそれをどう咀嚼して考えていくかは
自由なんだよってこと。

世の中の風潮とすればコミュニケーションを取らないとダメだとか、コミュニケーション
をとる方法、みたいな書籍やセミナーも氾濫しているが、それを訴えている人たちが一番
身近な人たちとコミュニケーションが取れているかどうかはわからない。

僕の友人の中でも親子関係から夫婦間まで、一番身近で大切な人に限って
コミュニケ―トできていない人が本当に多い。
そういう人たちはほぼ全員、〝コミュニケーションは大切だ〟という。

そして、コミュニケーションがとれていれば理解しあえるとか、人間関係が
上手くいくとか・・・本当ですか?って言いたい。

何度も言うが、他人とのコミュニケーションなんて本来取れない。

ただ、ひとつ救いがあるのは、自分自身とコミュニケーションは取れる、ということだ。

自分で自分に嘘は付けないし、病気を抜かせば本来、自分自身は信頼するでしょ。
上手に自分自身とコミュニケーションがとれれば、経験上、限りなく他人との関係性も
良くなる。

自分の思考・意思・感情を客観的に観ていき、感じていくことだ。
判断や説明を加えずに。

自分とも他人とも関係性において遮断のきっかけは〝怒り〟という想念にあると思う。

自分が正しいという基準に合わなければ、
なぜわからない?理解できない?と相手を責めだし、怒りの想念が噴出してくる。
発端は「自分は正しい」という尺度。これが怒りの原点だろう。

僕自身、若かったころにこの怒りの想念の渦中に入ってしまったことがある。
しかし、どうしても自分自身の正しさの基準を操作しなければならない環境のお陰で
自分自身の想念を俯瞰することができた。
不平不満や辛さ、そして怒りというもの自体を客観的にとらえて、自分で認知していくと
不思議とコントロールができるようになる。
ここのコントロール次第でストレスをまともに受けるか、
スルーできるかが決定されるのかな。


テレビをつければ、一番身近な親子間、夫婦間、兄弟間等で猟奇的なものは別とし、
刺された、殺されたなんて事件が後を絶たない。

コミュニケーションなんて本来取れないのだから、意思や思いなどをできるだけ伝えて
少しでも理解し合おうという前に自分自身とのコミュニケーションをとることだ。

正さの基準を取っ払って、「へぇ~そんな考えもあるんだ。」「不思議な視点だな。」
と柔軟に対応すれば相手の承認欲求だって満たされ、口論になる前に落ち着きを
とり戻すかもしれない。

整体師として小さく院の経営をしているときには何も問題は無かったが、組織として大き
くし、抱える社員の数が増えていけばいくほど様々な問題が出てくることを体験した。
昔、腐ったみかんがひとつあると他のみかんがどんどん腐っていく・・という話があった
が、会社も同じ。雇うより辞めさせることが本当に大変だということを知った。

当時、経営者仲間と話をするのはいつも人の問題だった。
顧問の社労士・税理士・弁護士含め、「会社の社長の悩みは人の問題がほぼ占めます」
なんて良く言われた。

組織を大きくすることは簡単だったが、小さくすることは簡単にはいかない。
こんなんで一生を終わりたくない!! 人の面倒を見るのは患者さんだけで十分だ。
という結論に達し、今がある。

コミュニケーションをとる・・・!?



お陰様で今は毎日楽しくて仕方ない。
自分に与えられた仕事を自分だけで好きなように進めていける。もう、組織作りは
懲り懲りだ。

そして、コミュニケーションは本来、取れないというところからスタートすれば、
すべての関係性が物凄く楽になる。
自分に言ってみてください。親子だって、夫婦だって、兄弟だって
本来コミュニケーションは取れないんだと。
だから、上手くいかないことがあったって当然だと。
楽になりますよ(笑)

「どうしてわかってくれないのだろう。」「なぜ、伝わらないのか。」と自分の感情を
とがらせなくても済む。

「わかる人もいればわからない人もいる。」
「それが得意な人もいれば不得意な人もいる。」
そして、コミュニケーションは本来、取れないものという着地点があるから
スルー出来る。

あなたの「正しい」は相手にとって「正しくない。」
あなたの「正しくない。」は相手にとって「正しい。」なんて日常茶飯事なんです。

そんなことより、自分をもっと丁寧に大事に扱って、俯瞰してあげて、
思いっきりスルーして生き・活きしましょう(笑)

コミュニケーションをとる・・・!?
愛犬 アメリカン・コッカー・スパニエル 女の子 アビィ

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA