趣味

谷川真理Xmasマラソン2019

谷川真理Xmasマラソン2019

今年の大会出場による走り納め大会&忘年会が12月22日に無事に終わりました。

約、7年前にゴールドコーストで出会ったメンバーと久しぶりの大会参加です。
「谷川真理Xmasマラソン」
豊洲市場の近くに隣接するぐるり公園の周回。東京湾の静かな水面を見渡しながらの
ハーフマラソン!!・・・・と言ってもリレーなのでそんなに距離はありません。

ひとり5㌔~7.5㌔ほど。完全なリラックスRunで、今年2019年の大会走り納めです。

谷川真理さんが主宰の大会にはご縁があり、毎年恒例の谷川真理ハーフマラソン
(現在はハイテクハーフマラソンになった)には3年位は連続で出場していました。
いつも対面で過ぎ去っていく猫ひろしさんを横目でチラリと見ていました。
近くで見ると思ったより小ぶりで物凄いピッチで駆け抜けていきます。
その姿はとても芸人とは思えません。
この大会はガチで臨んでいる方々が多いので昨年からは出場していません(笑)

今回のXmasマラソンはこじんまりとした牧歌的な雰囲気でまさにゆるRunには
ピッタリでした。

谷川真理Xmasマラソン2019

今年一年振り返れば、故障やアクシデントが多々あり、大会へは出場せず、
夏場のトレランとジム走り。そしてたまに近所の公園を走るくらいのゆるい年でした。

一生懸命に脂肪細胞が芽を出したいというのを食事やらサプリやらでモグラたたきの
ように出てくる脂肪細胞を何とか必死に叩いた感覚です(笑)
「筋肉は付きにくく、脂肪は付きやすい」まさに身をもって確信した年でした。

友人達と恒例の走り納めの後にはいつものように忘年会。
しかし、今年は・・・・なんとノンアルコール!!!たまには良いものです。
食べるだけの忘年会も。
アルコールに毒されず(笑) 距離が短い分、いくらゆるRunとはいえ、
インターバルのように走ったカラダにとってはとてもやさしいノンアル忘年会でした。

谷川真理Xmasマラソン2019
私から友人へタスキを渡したナイスショット!!2020年へ向けてGO!!(笑)

自分のカラダの健康状態は様々な検査なども勿論有益なのですが、まず自分自身に自分で
聞き耳をたてるということがとても大切な気がします。

自分自身の健康状態を見つめていくには、環境状態と食事内容がかなり影響しますよね。気分や感情など俯瞰して観察を続けると地震がくる前後にはとても感情が変化するのがわかってきます。

そして、何と言っても月の満ち欠け。満月や新月などの影響でも感情がとても
変化しやすいですね。地震前などはとてもイライラしやすくなったり、自分への想念が
外部から湧き上がってくる時にはカラダの一部がピクピクと痙攣したりします。

もう、かれこれ日記をつけ続けて28年程になりますが自分自身を見つめていくことが
新しい発見を生むものです。自分という生命を見つめる、ということがです。

以前、本には書きましたが「想念を観察する」ということを続けると自分のマインドの
微妙な反応が良く分かるようになります。
これが僕の場合、とても仕事に役立っています。
仕事だけでなく、家族間も友人間にもです。
つまりは生きていく生き方にとても+になる上、テレパシック感性が強くなるのです。
テレパシック感性はほとんど遺伝によるものだと感じますが、
遺伝を決定づける良い鍛錬にもなりえます。
肉体と同じようにマインドを鍛えるとしたら瞑想を繰り返すことよりも、
想念観察の方が何倍にもマインドが鍛えあがると感じますね。

例えば一番厄介な「怒り」という想念が瞬時に沸き起こってきたとします。
その怒りの渦中に自分自身がすっぽりと入ってしまうともうたいへん。。
様々な反応が細胞で起こってきます。その反応に反応するから破壊へ向かいます。
そんな時、怒りの着火がされた時こそ、「自分は怒っている」と心中で繰り返すことで
徐々に心の炎は必ず鎮火するのです。

実際にやってみてください。初めは難しいですが、怒りを上手りにスルー出来ますから。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA