人生

知識は実践を超えない

知識は実践を超えない

精神世界・スピリチュアル・成功哲学から自己啓発といったジャンルの書籍を
400冊くらい読んでた時期がありました。

直前の過去において、求道者だったのかしらね(笑)

このように、崇高な?本に出会うたびに理想ばかりが大きくウンチク垂れる・・・
そんな頭でっかち、心でっかちになっていたあの頃。

目の前のことをないがしろにし、頭の中で描いた理想ばかりに酔いしれていた。
自分が大切にしていることは人類愛だ、永遠の愛だ、ソウルメイトが大切でカルマから
学べ・・・等々。今考えると疲れちゃいます(笑)

一番近くて、大事な人の話を聞かず、大きな理想を掲げて相手の話は上の空、
結果、傷つけ、苦しめ、責め始める・・・・。

空想ばかりを追い求め、信頼を土台とした現実の日常生活という修練場を直視しない。
そして、どんどんそれらの本をむさぼり読むごとに頭デッカチになっていき、
浮ついたスピリチュアルや精神世界の話が中心となり更に話を聞かない、聞けない。

やがて、深く気づいたのです。

それでは何も変わらない、進化しないし変えられない、と。
もしもあなた自身が現在そういう状況であれば、早く気づいてください!!!

僕はこの小さな気づきによってあらゆる状況が大きく変化したように感じています。

気づく・・・ということは出生してから最大の学びですね。
この気づく・・・は<実践する>ということ。

大切で崇高なものは、どこか遠くにあるのではなく、もっとも近いところ、目の前、
そう今、自分の目の前にあるもの、起こっていることこそが崇高で大切なのです。

そして、すべての学びの環境と材料は目の前にそろっていますね。そこで自分はどのように考え、決断し、行動し、実践していくのか。
これこそがまさに実践スピリチュアル!!!

つまりは、日常生活の一瞬!一瞬!を奇跡と感じ、感謝し、腹の底から人生楽しめているのか、この大きな流れに身を任せエゴを客観視できているのか。
更に実践を伴っているのか・・・・・。

そして、自分で納得のいく結果がチラホラ出始めれば、楽しくて楽しくて
しかた無い状態に生まれ変わりそうです。

もし、今苦しい状況であっても、
やがて苦しみは至福となるということを知っている、という感覚。

なぜならば目の前の出来事に意味を加えて一歩前に歩む力を
自分自身は持っているのだから。

さて、今日も大自然を目の前にこのちっぽけな自分の命に実践を通して・・・・

合掌! 感謝! 合掌!です。

2011年広島講演 430名

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA