人生

気づきの1瞬間日記 4

気づきの1瞬間日記4

過去の日記を一週間単位で振り返ってみます。
静かに一人きりの時間を作ることが大切だと感じます。
生きるという有限な時間の中で最も濃厚で創造的な時間が
この時間です。
振り返ると更に強く自覚します。

気づきの1瞬間(1週刊)日記4 2012年5月8日~5月14日

2012年05月08日
日々の想念30

「ひとつうまくいったらとことん自分を褒めることだ。
 細胞のひとつひとつが喜んでくれる。
 自分をほめられなくなったらココロが串刺しに
 されて患者・・・という名前がつけられてしまうよ。」

2012年05月09日
日々の想念31

「常に試されている。
 人の目があるのと誰も見ていないのと。
 自分の言葉と行動をよく観察することだ。
 人に言っていることと自分の言っていることと
 誤差がないか。
 特に施術家はその歪みの自己調整が特に大切である。
 人さまのカラダの歪みを解消していくにあたって・・・・・。 」

2012年05月10日
日々の想念32

「感謝のココロが薄くなってしまうとエゴが増大する。
 そして、環境や人のせいにし始める。
 しかし、このエゴへの取り組みは容易ではない。
 なぜなら《記憶》が関係しているのだから。
 いま、ここ、現在中心でしっかりと取り組まなければ
 また持ち越してしまう。」

2012年05月11日
日々の想念33

「オーストラリアの地平線を見たときに何かが変わった。
 その時はなにが変わったのかわからなかったが、
 今になって思う、生命をしっかりと感じたのだと。
 生命をしっかりと感じるというもっとも大切なことは
 注意していないとまったく気がつかないほど近すぎる。」

2012年05月12日
日々の想念34

「肉体というのは間違いなく両親の遺伝によって形作られている
 そして、日々口の中に入れている物がそれを維持する。
 しかしそれらを動かしている者は両親や食物などとは全く関係ない
 あなたはなぜその両親のもとに生まれてきたのか、ということを
 考えなくていい。
 目の前のことに全力を尽くすことにエネルギーを
 費やすことだ。
 生まれてきた意味は自分で探すよりほかはない。」

2012年05月13日
日々の想念35

「自分のアンテナが敏感になってくると
 ノイズも拾いやすくなる。
 正しい直感か正しくない直感かのふるい分けの
 習慣をつくることからはじめよう。
 直感にただ従うという
 スピリチュアルブームに乗らないことだ。」

2012年05月14日
日々の想念36

「自分のカラダをよくよく研究することが
 患者さんのカラダを深く理解できる最適な
 学習となる。
 これはココロも同じで自分のココロをよくよく
 研究することが相手のココロの響きの理解へ
 結びつく。」

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA