日 記

劇場版バイオレット・エヴァ―ガーデンを二回観た

突き刺さってくる近代経済システム化への強烈な武器

バイオレット・エヴァ―ガーデン1

昨年の11月・・・まさかこの年でアニメ映画を観て、泣いて、また同じ映画を二回も観ると思わなかった。更にはまたもう一度観たくなってしまうほどの衝動に駆られた。京都アニメーションが制作したこの映画は大賞も受賞しているとのこと。ストーリーはもとより、映像、制作者の意志、声優さん達の一心な情熱が思いっきり伝わってくる、そんな映画だった。感情気迫損得利益優先の狂っている世界全般へ突きつけた鋭い刃だと感じる。

「愛している」という深いヒューマニズムに伝播していく静かなる情景はとても素晴らしかった。

「愛している」という言葉の持っている意味を探すバイオレットの大いなる旅路に共鳴してしまった僕はある種の衝動に駆られて結局2回観た、いやまた観たい。胸が熱くなるあの感覚を自分で更に確認したくなってしまう。

「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の陰に隠れてしまった感はあったと思うが、圧倒的に純粋な感動を僕にもたらしてくれた。本当に観て良かった。そして、自分自身の内奥に潜んでいると期待している、パーフェクトイノセントの大いなる確認であった。
現在、サイトを見ると、1月14日付けで興収21億1万4,400円、観客動員数は145万2,331人をマークしているとのこと。2020年9月18日の封切りから約4か月にわたるロングランヒットを記録しており、2月5日からは丸の内ピカデリーでの再上映も決定。僕が二度目に見たときはこの丸の内ピカデリー劇場にてドルビーシネマ版を最前列のリラックスシートで観た。理由は最高の環境でバイオレットを味わいたい、それだけだ。
この映画を知るきっかけになったのは、ひとりの患者さん。中学生の男子なのだが4回観て号泣したという。僕は興味を持った。所謂、今どきの・・・少年が一体何に、どんな感動を覚え、何を感じたのか・・そして4回も映画館に彼の足を運ばせたものは何なのか・・・。単なる好奇心が先行して観る気になった。ただ、彼は「いきなり劇場版を観てもわからないっす。」・・という。Netflixのシリーズをすべて観てからでないと・・・。早速、夜を徹して全編観た。その途中ですでに劇場版映画を観たくなって調べてみたのだった。近所の二子玉川の109シネマズで公開中ではないか!!!即チケットをゲットして一番遅い夜の上映に滑り込んだ。

京都アニメーションが手がけた本作は、2018年にテレビアニメが放送されて人気を博した「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの完全新作劇場版。大切な上官ギルベルトが残した「愛してる」という言葉の意味を知るために代筆業に就いたヴァイオレットのもとに、ユリスという少年から依頼が舞い込み、郵便社の倉庫で一通の宛先不明の手紙が見つかったことから物語が動き出す。内容を書くときりがないので、まずはここまで。他人の評価やネタバレなんかどうでもいい。前情報や事前チェックなんかせずにまずはNetflixで全編を観て、一人静かに劇場へ向かうことをお勧めする。自分が自分の琴線に触れる瞬間の連続をぜひとも体感して、そして、胸の熱さを感じ取り、この不都合なシステム社会へまた戻って来てもらいたい。
これがきっかけとなって、アニメの捉え方が完全に変わってしまった。呪術廻戦、進撃の巨人、聲の形・・と勧められたものすべて賞味し、アニメの特異な面白さにハマってしまったくらいだ(笑)直接ストレートにシンプルに感情に訴えかけてくる力強さが魅力です。


さて、今日もひとりひとり大切にしっかりと受け止めて施術しよっ!!

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA