家族

変な奴

変な奴

家族のアビィ。

女の子のアメリカンコッカー・スパニエル ブラック・タン。
タン・・という意味は日に焼けている、日焼けしているような という意味。
黒くて日焼けしているような・・といった塩梅。

一般的にアメコカは人懐っこく愛嬌があって育てやすい・・・ というイメージらしい
が、うちの子は違う。

見かけによらず、残念ながらとても激しい性格でタイミングが悪ければ 主人にも
平気で噛み付く(笑)

自分よりも大きな犬に対しては散歩の途中でものすごい剣幕となり、 ところかまわず
吠えまくるので事前に察知し離れてすれ違うように しなければならない。

ただし、その反面、甘える時は半端なく、全身で愛と優しさを表現する。

その極端さがまたまたこの子の魅力でもあったりするけどね。

感情表現が激しいのだ。

来年の4月で5歳となるが、未だに留守にして帰宅するとものすごい悲鳴をあげて喜ぶ。
しかも毎回ところ構わずおしっこするのだ。
これをウレしょんと勝手に呼んでいる。

このウレしょんにももうだいぶ慣れた。

こちらとしても帰ったら飛びつくアビィに 大きな声で答えるとその場で漏らすのを
知っているので、 無視してアビィのハウスまでいきそこで
「よしよし、寂しかったか、ただいま、アビィ。」
なんて話しかけると大量に おしっこして(ウレしょんして)喜ぶ。
だから、 ハウスには一面、おしっこシートを今でも敷いている。

今では そんなこともすっかりアビィは学習していて、
留守宅へ帰宅すれば、喜んで、 自分からハウスに“来て!来て!”と誘導し、
ゴロンっ!と横になって「触って〜」 とアピールする。

頭から胴体からお尻まで一通り“よし!よし!”とさすって、撫でて、
その後はケロッとしてハウスから出る。

その後に残されたハウスのシーツには直径10センチほどのおしっこの円が
まるでミステリーサークルのように点々としてるんだ。


変な奴、アビィ、大好きだ。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA