日記

スルーな日記 「技バカ」にはなるな!!!

独立起業の成功率と失敗率はどのくらいでしょうか?
一般的に日本では、起業してから年数が経つごとに廃業するパターンが多くなります。一説のデータによると、起業して生き残る確率は以下の通りです。

  • 1年後:約40%
  • 5年後:約15%
  • 10年後:約6%
  • 20年後:約0.3%
  • 30年後:約0.02%


20~30年後の場合は、年齢により継続が難しくなった結果、事業をたたむ方もいるかもしれません。
しかし、5年後で約15%の生存率になるため、実質100社中15社のみが生き残る計算になります。
残りの85社は、ビジネスをたたむ結果につながっているため、現実的には相当厳しいのですね。

自分は独立して20年経過しているので、この0.3%に入っているのでしょうか。
特別意識したことも無く実感はありませんが0.3%と聞くと本当かな?とかおもいますが、まずは感謝です。

整体院独立開業してから順調にこれたのも起業する前に医療機器メーカーに勤めていたことが大きいと思います。

その医療機器メーカーでの仕事は大手テナントで現地販売をしていく過酷な仕事でしたが一日120名以上の方々に対してひとりひとりにカウンセリング&プレゼンテーションしていくことが主な仕事でした。
ここで学んだ営業力はとてつもなくデカイですね。

この手法を使って独立したのでオープンから“集客”には全く困りませんでした。
この話は近いうちにBlogに書きますのでぜひまた読みに来てください!!!

さて・・・・・本日のお題は、「技バカ」にはなるな!!!です。

技バカとは一体何でしょうか?


「技」とは、独立開業した後で食っていくための「職」のことだ。技術、あるいは難関試験を通っていられる資格もこれに含まれるだろう。治療院業界で言えば、例えばカイロプラクティックのスラストテクニック、鍼灸のツボを抑え針を打つ技術、さらに柔道整復師(接骨院)、指圧、マッサージなどなど、それぞれの手技にそれぞれの技術(技)がある。また、あんまマッサージ指圧などの国家資格があるものについては、その資格そのものも「技」と言えるだろう。会社勤めを辞めて独立開業しようと言う場合には、大半がこうした技術や資格、すなわち「技」を手にすることが大体の場合、前提条件になってくる… .ラーメン店なら、ラーメンが作れなければ話にならない。税理士事務所なら、税理士の資格を取らないことには独立などできない。.であれば、様々な資格はもちろん、豊富な知識や経験が不可欠だ。つまり独立開業して商品として提供できるもの、あるいは仕事をこなしていくための武器となるものが「技」なのである。それはどのような業種でも同じようにあるはずだ。退職して自分の名刺に会社名がなくなった時、ただ会社を作っても仕事は来ない。当たり前である。サラリーマン時代には純粋な「私」はなかったけれども、起業して独立開業してからは「私が何であるか」「私の起こした会社が何であるか」を飯の種にしなければならない。したがって、起業を準備するすべての人が「技」の獲得を万全にしておこうと考えるのは当然である、しかし現実の厳しいところは、「技」だけでは決して成功できないと言う点にあると、私は考えている。いくら良い商品があっても、最高の技術があっても、森羅万象の知識があっても、あるいはまれに見る動物的なかんを持っていたとしても、それだけでは成功できないのだ。例えば5年で廃業した85%の人達はつまり私は単なる「技バカ」だったのではないか、と考えるわけである・・・。

「集客革命」現代書林刊 自著


ここではっきりと言わせてもらいます。


「整体の技術」と「 「整体院の経営」は全く別のパワーです。


プレーヤーであり、マネージャーであり、モチベーター、この三つの感覚を持っていなければ整体院・サロンでの独立起業は難しいと思います。
当整体スクールでは600名以上の卒業生がいますが成功している生徒さんはこの三つの条件を見事に兼ね備えています。


自分は医療メーカーに7年勤務しておりました。

毎日120名ほどのお客様と膝を合わせてカウンセリングをしていろんな発見がありました。「リュウマチ」って怖いなぁ、「がん」ってこんなに身近なものなのか、「糖尿病のⅠ型とⅡ型って具体的にどう違う?」「自律神経失調症」って病気になる前に通りやすい道なんだ・・・・と何から何まで新鮮で尚且つ本当の病気や痛みの声を生で聴き取る毎日は本当に目からウロコ状態でした。

病院では内科、外科、泌尿器科、耳鼻科、産婦人科、脳外科・・・と様々な科目があるのですが、「血液血管科」というものはありません。もしもそれがあれば1つの科で済むのではないかと思うくらい病気は血行と関りがあるということも知りました。血液・血管・自律神経に起因するものが多いということを肌で感じ取ったのです。

病気や痛みに対する生のお客様の声、症状に対する生の声、これをたくさん聴けて、そしてそこから様々なリサーチをして知識を得たことが整体師として独立するときに大変役に立ちました。あとは何よりひとりひとりに対して“真剣に聴く”という姿勢も確実に必要なのだということも体感しました。

何より実際の病気にかかってその症状の経過状態が直接本人から聴けるのですから願ったりです。

そして、その人の日常生活での苦しみや痛みがどのようにクオリティーオブライフを低下させてしまうのかを具体的に知ることもできました。
例えばリュウマチは単に痛い・・・から大変なのではなく、もし主婦がリュウマチになったならば、雑巾は絞れない、スプーンやお箸で食事をするときも一瞬の安らぎもなく痛みが毎秒襲ってくるという事実です。

人に言ってもどうすることもできない苦しみです。
そんな話を自分は7年間聞いて、聴いて、訊きました。そしてどう対応することがベターなのかひとりひとり性格、資質が違う人たちに対して考える日々だったのです。

この経験は独立起業時~立ち上がり、そして今、現在も大いに役立っています。

病院は診断と検査をしてくれます。しっかりと検査をしてもらって、診断結果を考慮してから施術にしっかりと取り掛からなければならないということを学べたことにも感謝です。

技術のみの追求を相手へのお役立ち以前に暴走させると単なる「技バカ」になってしまいます。

「技バカ」にハマると人が来ないのは自分の技術が未熟だから・・・
と何年経っても自分に言い訳する自分にしか成長できません。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA