仕事

2005年整体スクール寺子屋時代 2章

2005年整体スクール寺子屋時代-2章

正確には・・・・・

2004年8月5日にフィットバランス療術学院の第一期生、第一回目の授業が始まった。
ここからすべては始まった。当時は弟子・・・のような感じで生徒4名が入ってきた。

溝の口にある整体院の二階がちっちゃいオフィスだったのだが、そこに無理くり
施術ベッドを入れ込み寺子屋のスタートだ。
生徒も講師もすべてが新米でキラキラ輝いていた感じ(笑)
この時、すでに二店舗目の三茶の整体院がオープンしたばかり。
ふと気づくとそのビルの二階が空いている!!即契約し、学院と事務所をまるごと
移転した。
それが2004年の年末だ。

そこからいろんな出会いがあって2005年の9月1日に初の書籍が出版された。

それが現代書林刊「儲かる!集客革命」

整体治療業界は閉鎖的で当時は“集客”に対する偏見が残っていた。治療している人間は
集客なんてものを口に出してはいけない・・・みたいな(笑)
そんな現状があったのだ。今なら考えられないけどね。

学院を設立する前はいろんな整体テクニックに時間とお金惜しまず投資した。
当時の手技テクニックのセミナーは最低でも1万円くらい。高ければ40〜50万円。
それでも少しでも効果が高い手技を覚えようと全国からセミナー会場に集まってくる。
当時は僕もその一人だった。

自分のことで精一杯だったので周りを見渡すことが全くなかった。
しかも今みたいにインターネットもそこまで普及していなかったし、スマホだって無い。
だから全国の整体院の経営状態なんて全く分からないし、興味もなかった。
なんせ当時は毎日200名以上の方々が押し寄せてきたからだ。

そして、とあるセミナーでの話に戻る。

会場の休憩中に全国から集まってきていた先生方に聞いてみた。普通は手技に関すること
なんだろうが、僕は集客に関して聞いてみた。
「現在、一日何名くらい来られてるのですか?」そこに居た5〜6名ほどの先生方は
ハッとして中々答えない。そのうち一人が首を傾げながらこう言った。
「うーん。。良くて5〜6人くらいかな。。」
すると別の先生が「それは実費ですよね?うちは保険で40名くらいですかね。」
きっと他の先生方もきっとそうなのだろう・・・うんうんと頷いていた。
誰も何も言わなかったし、答えたくなさそうだった。

そして、ある先生が僕に聞いてきた。
「何人くらい来られているのですか?」あまりに不意を突かれたのでその場の雰囲気に
ついつい合わせて嘘ついてしまった。

「僕も・・・そんなもんですよ。」

当時は200名〜240名くらいの方々が毎日来られて居たのでこんな数字は言えなかった。
あまりにも数字の桁が違うので変に自慢していると思われたくなかった。

ただ、出版社も整体技術の本が飽和状態だったのだろう、担当者の方が視点を替えて
くれたおかげでこの本が誕生した。あれよこれよという間に結構売れた。
新宿紀伊国屋で5位まで食い込んだ。
当時、とても優秀なスタッフが本当に助けてくれた。今でもそのご恩は決して忘れない。
そのお陰で学院への問い合わせも一気に増え、
そして・・・・次のステップへ入っていった。

それがセミナー。

医療機器メーカーで大勢の人の前で話し続けてきたのでまさか整体師となってからも
また話すことになるとは思わなかったが、別に人前で話すことは苦ではなかった。

第一回目のセミナーは何と大阪。2005年11月26日。ほぼ14年前の話。
これがきっかけとなって僕は大阪が本当に大好きになった。
普通は東京生まれ、東京育ちで両親が関西でもない限り大阪って未知の世界。異国?(笑)

以前、医療機器メーカーに勤めていたときも出張で違和感を感じた。
所謂・・・<東京もん>みたいな言われ方を散々されたからだ。
でも、それは狭い範囲での話で特別気にもしなかったが大阪の人は初めはそんな感じで
東京もんを見る人が多いのか、と思ったし感じた。

しかし、感情的にとても純粋なものを感じる。ご承知だろうが、食べ物屋さんはどこも
美味しいし、ちょっとしたことで愛を感じる。大阪の方は当然なことなのだろうが、
東京では中々・・・。定食にはちょっとした小鉢は当然ついているし、店員さんの
サービスもとても心地良い。こんな大阪が少しづつ好きになっていった。

そして、この大阪での第一回目のセミナーが契機となり、セミナー尽くしの時間を過ごす
ことになっていく。

短期間に右腕をつくり、左腕をつくり、二店舗の整体院を任せ始めた。

そして、今までの人間関係をも精算せざるを得ない状況となってしまうのだが・・
それも良い経験。いろんな失敗も何度となくしでかした。それでも這い上がるしか
道はない。

なんだかんだで振り返ってみると、本当に激動の人生だと思う。

ここで小休止して俯瞰するのも必要必然。

自分の人生というものは自分でしか歩めない、進めない。

すべては自己責任で自分が主役。
本当は失敗なんてない。振り返れば全部、すべて成功だ!!(笑)

この続きは次回に・・・。

ABOUT ME
ヴィッシュ吉田
JPMA日本理学手技療法協会 代表理事 フィットバランス療術学院 東京校学院長 株式会社ヴィッシュブレイン 代表取締役

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA